2017年02月26日 (日) | Edit |
     

     庭へ出てみても やっぱりさみしいね    ほつ枝
   
      ひもじくて掟を破る道化師ぞ


山茶花の終わる頃に 紅梅:白梅・・・そして今、白玉椿が開き初める。
沈丁花もやがての香り・・・・・金柑の実に来る、小鳥たち・・・・・だが、
昨日:今日のこの庭の、淋しさは如何ばかりぞ・・・・・・・
あんなに皆様に愛でていただいた薔薇たちは、 いつから何処へ行ったっ


     「 雪が降る 」       唄  内藤やす子
    
     雪は降る あなたは来ない
     雪は降る 重い心に
     むなしい夢 白い涙
     鳥は遊ぶ 夜はふける
     
     雪は降る あなたは来ない
     いくら呼んでも 
     白い雪が ただ降るばかり 
   
     ラ~ラーラ~ ラ~ラーラ~
          ラ~ラーラ~ ラーラ ラ~-


      ( 何人かの歌手がカバーしているが
       内藤やす子のカバー曲がお気に入り)
   







スポンサーサイト
2017年02月22日 (水) | Edit |
    夕やけこやけ素描のままの自画像ぞ         ほつ枝

    哀しみのつのりて柘榴身を晒す

    緋を纏う生きてこの世のかなしみに

    あんぱんに秋来る いまだ旅なかば

    深深と くの字に折れる影を持つ

    人の世はやさしきものぞ美酒ありき

    冬を遊ぶ すすきかるかや簪に

    傘はむらさき見果てぬ夢のありにけり

    女ありて泥のだんごを百つくる

    男ありて「黒い花びら」を唄いき









2017年02月12日 (日) | Edit |

  ジョニーが来たなら伝えてよ
  2時間待ってたと
  割りと元気よく出て行ったよと
  お酒のついでに話してよ

  友だちなら そこのところ うまく伝えて

  ジョニーが来たなら伝えてよ
  わたしは大丈夫
  もとの踊り子でまた稼げるわ
  根っから陽気に出来てるの

  友だちなら そこのところ うまく伝えて

  今度のバスで行く西でも東でも
  気がつけばさびしげな町ね
  この町は

  友だちなら そこのところ うまく伝えて
  今度のバスで行く西でも東でも
  気がつけばさびしげな町ね
  この町は

  ジョニーが来たなら伝えてよ
  2時間待ってたと
  サイは投げられた  もう出かけるわ
  私は私の  道を行く

  友だちなら  そこのところ  うまく伝えて
  うまく伝えて


                     歌   高橋真梨子

                



 
2017年02月07日 (火) | Edit |
   かの夏の手紙の束よ潮騒よ          ほつ枝

   百本の薔薇薙ぎ倒し来た君か

   来し方や鏡の中の襤褸かな

   霧の川 うちもあんたも嘘吐いて

   落ち葉踏み行きて孤独と呼ばざりき

   掌に包むこの世の旅の缶コーヒー

   蒲公英へ座し大空を独り占め

   耳飾り少し大きめ春を待つ

   泣けばいい海鬼灯よ哭くがいい


 


  「 石川啄木 」

        砂山の砂に腹這い
        初恋の
        いたみを遠くおもひ出づる日

                  
   「 城ケ島の雨 」   北原白秋

   雨は降る降る  城ケ島の磯に
   利久ねずみの  雨が降る

   雨は真珠か   夜明けの霧か
   それとも私の  忍び泣き

   舟は行く行く  通り矢のはなを
   ぬれて帆あげた  ぬしの舟
 

              歌う・・・・・・・
              もう一度行きたき・・・・・









2017年02月02日 (木) | Edit |
 家の前に立ち、 今日は西へ行こうか、東(海側)へ行こうかと
空を仰ぐ・・・冬あかねの空の美しさに魅かれ上側へと歩く事にした・・・

何時もすぐ川沿いに出、沿うはずなのに・・・(気分が変)・・・・・
夕焼け空を追っかけて国道まで来てしまっている。 渡るともう、
市民の森。   街燈が灯り始めていた・・・・・

六・七年ぶりの事。 迷わず森へ上がって行った・・・少し淋しいかな・・・
夜の海が見える! だけど、夕空は拝めない。 木々の目隠しに会う。

十年前(一昔)は、毎日のウォーキングコースだった。

先の旅半ばのホテルで、救急車を呼ぶ破目になり、少し(沢山かな)弱気。
だけど、頑張りますです・・なくちゃいけないです・・遠くへ行きたいから・・・

西空の金星と三日月さまに、見送られて家路に・・・・・