FC2ブログ
2019年03月14日 (木) | Edit |



       やよ土鈴 風の一日哭きとおす       ほつ枝 







スポンサーサイト
2019年02月12日 (火) | Edit |
     人間山脈          岸本吟一選

 
  弥生三月逝きぬその指清らなりき       田中ほつ枝

  霧笛流れる枕返せり旅なかば

  目を逸らすなこれがわたくし駅鏡

  おまえよ棲むや雲雀ケ丘の花屋敷

  国旗国歌法おのこの脛の長きかな

  昭和ヒトケタ挽歌一首を胸中に

  採血やこの世かの世を花の舞う

  巴里と書き倫敦と書く父でした

  悲しからずや父うたう「湯の町エレジー」

  「窓辺の女」 母の遺品の一枚や

  うろこ雲母に悲恋のありしとう

  穂すすき「琵琶湖周航」口ずさむ

  掌に包む珈琲ぞ湖北の駅に

  しろしろとかぜもあたしも旅ん中






  
2019年01月27日 (日) | Edit |

  ジョニーが来たなら伝えてよ
  2時間待ってたと
  割と元気よく出て行ったよと
  お酒のついでに話してよ

  友だちなら そこのところ うまく伝えて

  ジョニーが来たなら伝えてよ
  わたしは大丈夫
  もとの踊り子でまた稼げるわ
  根っから陽気に出来てるの

  友だちなら そこのところ うまく伝えて

  今度のバスで行く西でも東でも
  気がつけばさびしげな町ね
  この町は 

  ジョニーが来たなら伝えてよ
  2時間待ってたと
  サイは投げられた もう出かけるわ
  私は私の 道を行く

  友だちなら そこのところ うまく伝えて
  うまく伝えて


 目覚めのお布団の中で・・・・・歌います。

 



2019年01月20日 (日) | Edit |
 
 次回オリンピック開催国が、東京と決まった時、
 遠く彼方の絵空事を観ている様だった。

 それまで、命永らえているいる事はあり得ない
 だった・・・

 二年後の事にとなった、今
 わが身ひとつの置きどころ・・・

 世代は疾走している・・・・・・






 
2019年01月07日 (月) | Edit |
 
 『 青春とは こころの在りようだ
  さすれば今も青春 』
          ある詩人の言葉

 何時の頃からか、私の机の横に掲げてある
                 (キザですネ)
 正面には、阿修羅の写真が (かなり大きい)。

 てのひらに乗せるのは、旅の途で可愛くて
 可愛くて求め連れ帰ってきた。
 
 かっぱのお寺(常泉寺)のかっぱさん
 
 もう一つ 小さな土鈴。手にして振ります
 優しい音色・・・・・
 相模湖駅の傍の遠いとおい昔むかしの
 お爺さんのお店で買いました・・・・・