FC2ブログ
2018年10月23日 (火) | Edit |
  
    見上げれば オランダ坂の
    坂の上 雨上がり
    通り雨 丸山通り
    思案橋 一人きり

    ここは遠い 想い出の街
    あの日は 雨ンなか
    濡れて咲く夢よ
    ぶらぶら  雨ンなか

    中の茶屋 花街・花月
    一夜の  夜ごと花
    ここは遠い想い出の街
 
   ラジオの 深夜便。 
   流れ来る歌に合わせ 口ずさむ・・・
 
 
  長崎である
  行きついた処は、原爆資料館
  此処で私は、ぶったおれた
  職員の方がたに、とんでもない
  お手間をおかけしてしまったっけ・・・・・


  やっぱり私は変だっ。 
  神奈川県の地図を広げ目的地を目指していた!
  そして、見付けていたんだっ       それが
  かんたんに長崎にとんでる。 嗚呼・・・・・ 
 
  
 
            

            
スポンサーサイト
2018年10月18日 (木) | Edit |
 

  只今、新聞紙上(文化・文芸欄)にて読んだ言葉。

  「 競争社会の悲哀 現代に迫る」

    こころ震えて、しばらく自失の時を持つ・・・・・

 
  
   『 セールスマンの死 』  アーサー・ミラーの代表作に
   因んで・・・・・

   11月3~18日
   横浜・神奈川芸術劇場にて公演 。

   観劇をと思うのです・・・・・







2018年10月09日 (火) | Edit |
  鳩が飛び立つ公園の 
  銀杏は手品師老いたピエロ
  薄れ日に微笑みながら、季節の歌を
  ラ・ラ・ラーラララーラララー歌っているよ 
  借してあげよか アコーディオン  
  銀杏は手品師老いたピエロ

  雲が流れる公園の
  銀杏は手品師老いたピエロ
  口上は言わないけれど、慣れた手付きで
  ラ・ラ・ラーラララーラララーカードをまくよ
  秋が行くんだ 冬が来る
  銀杏は手品師老いたピエロ

  風が冷たい公園の
  銀杏は手品師老いたピエロ
  何もかも知っていながら 知らん顔して
  ラ・ラ・ラーラララーラララー澄ましているよ
  呼んでおくれよ 幸せを
  銀杏は手品師老いたピエロ


  昭和33年 フランク永井が歌う。
  私のひとり旅の一歩はここから・・・・・・・




   
  
2018年10月02日 (火) | Edit |
 
 「川柳葦群」  第47号   本日、落手

                        
                        梅崎流青選
  
   男の手の大きかりけり夏の雷          田中ほつ枝

   惜別の手のたかだかと振られけむ

   つづまりは独り堪うべし髪を梳く

   脱け殻よ以後のおまえは幸せか

   椅子の上の正座の母を愛おしむ

   ふたり居て雨の音聴く夜がある

   限りなき時のやさしさ銀杏舞う






   
2018年10月01日 (月) | Edit |
 

 台風情報を聴きながら、寝入ってしまっていた・・・・・
 
 目覚めて時計を見る深夜・・・・・ 0時15分。
 窓辺に立つと、お月様!

 庭に出て改めて見上げた お月さま(旧暦8月22日)。
 東の中空に優しいお顔・・・お星さまを従えて・・・・・

 
 旅を乞う
 遠くへ遠くへ、知らない町へ行きたい・・・・・
 
 移ろう季節に、
 旅鞄の中の入れ替えを繰り返して哀・・・・・