fc2ブログ
2020年02月29日 (土) | Edit |
  

  わたくしの最後の旅地として 
  こころ厚く願いおります。


  「命短し恋せよ乙女」 と

  歌った日を、昨日のことの様に
  想うこの頃です・・・・・・・・







スポンサーサイト



2020年02月29日 (土) | Edit |
   
   
    
    いのちのかぎり 呼びかける
    こだまの果てに 待つはたれ

    ここに幸あり 青い空






2020年02月24日 (月) | Edit |


  「 はるばるやって来た感 」

   佳いですねェ~
   
   旅から戴く最高のごほうび!!
   胸打たれました・・・・・・・





2020年02月22日 (土) | Edit |
   

    赤い夕陽よ 燃えおちて
    海を流れて どこへゆく
    ギターかかえて あてもなく
    夜にまぎれて 消えてゆく
    俺と似てるよ・・・・・・・
    赤い夕陽

    汐の匂いの する町が
    どこも俺には ふるさとさ
    ひとりぼっちの さみしさも
    ギターお前を つま弾けば
    指にからむよ・・・・・・・
    汐の匂い

    別れ波止場の 止まり木の
    夢よさよなら 渡り鳥
    俺も あの娘も 若いから
    胸の涙も すぐかわく
    風がそよぐよ・・・・・・・
    別れ波止場




 









2020年02月17日 (月) | Edit |
  
   

素敵な 「 紀行記 」を 拝見:拝読させて
    戴きました。

  
   「がんばらなくっちゃ がんばらなくっちゃ」と
   歌っております。
   
   ありがとうございました。      
                   感謝致します








2020年02月17日 (月) | Edit |


    苦しい! 大変クルシイ‼ のですっ。

    そんな時間の 落とし穴にはまる事が
    多くなってしまいました。

    独り 家の中をウロウロ彷徨う・・・・・・・・







2020年02月14日 (金) | Edit |
 

   たわむれながら、 大好きなパンをとも
   恋焦がれる、わたくしですっ 。

 
   寒空を見上げ、叶わぬ願いを 嘆きおります。

 

             春よ来い  早く来い・・・・・・






2020年02月10日 (月) | Edit |
  
  発表された時、
  私の命が、その時を 迎えられるなどとは
  考えられない(遠いとおい先の事)と思った。

  
  海を観に出かけた 
  命永らえて、今をいる。

  港の景観は、随分変わってしまったけれど
  海の匂いには、懐かしい昔むかしがある
  何処までも歩いて行くよ・・・・・・・独り・・・・・・



  
  

  
2020年02月08日 (土) | Edit |
 
 旅ごころを、 余りかき立てないで下さいませねっ

 西へ東へと飛び立ちたくなり、一つの身のわたくし
 困り果ててしまいます。(うれしい悲鳴です❣)

                        
 新幹線の名古屋駅の近辺には、ある種の奥行を視て
 いました。 (深さ)・・・・・

 是非是非と想いおります。

                   感謝です・・・・・・






  
2020年02月05日 (水) | Edit |

  
  君に逢う うれしさの
  胸にふかく 水色のハンカチを
  ひそめる ならわしが
  いつの間にか 身にしみたのよ
  涙の後を そっと かくしたいのよ

  月かげの 細道を
  歩きながら 水色のハンカチに
  つつんだ ささやきが
  いつの間にか 夜露にぬれて
  心の窓をとじて しのびなくのよ


 目覚めのベットのなかで、くちづさむ私に
 きずいた わたくし。?????








2020年02月02日 (日) | Edit |
  
 
  生ている事の源でした。

  この度、わが家の電気系統の不具合により
  二日間、半死半生と呼ぶさまでした。

  頭上に灯るを見上げ 
   「ああ 生きて行かなくちゃ」   です。


  工事に来て下さった方に、
  
  「ありがとうございました。」 と、

  いく度述べても、述べたりない想いでした。






  
2020年02月02日 (日) | Edit |
  

   拝読させて戴いています。

   繰り返しての拝読です・・・・・







2020年02月02日 (日) | Edit |

  パン屋さんでパンを買って来て
  砂浜に腰を下ろし、
  独り海を眺めながら 食べる。
  
  私のワンパターン。

 
  海風に揺れる、
  昔なつかしい 暖簾を眺めての
  お昼ご飯です。