fc2ブログ
2020年07月31日 (金) | Edit |
    

   
    さりにし夢
    あの テネシ・ーワルツ
    なつかし愛の唄
    面影しのんで 今宵もうたう
    うるわし テネシ・ーワルツ

    思い出 なつかし
    あの テネシー・ワルツ
    今宵も ながれくる
    別れた あの娘よ
    いまはいずこ
    呼べど 帰らない

    
    毛布にくるまって唄う・・・・・ わたくし
      







スポンサーサイト



2020年07月28日 (火) | Edit |
  

  はらはらと悲の零れけりわが立ち居    田中ほつ枝

  一冊の栞の位置の動かざる

  蝉しぐれ心療科医に対い坐す

  やせ蛙一念掲げうしろ飛び

  少年に沖のはるかや不条理や

  骨のうたう南の海に雪がふる

  ペルセウス座流星群生き死にを話してふたり







2020年07月28日 (火) | Edit |
  

  
  生きるとはこれか世辞など言い狎れて    ほつ枝
 
  街は饒舌コートの衿を立てて行く

  土鈴かな風のいちにち哭きとおす

  独りぼっちのコーヒーカップを取り落とす

  一気に坂を登る逢いたくて逢いたくて

  月光に折り目正しきだまし舟

  自画像は素描のままぞ霏霏と雪






2020年07月27日 (月) | Edit |
  

   静岡行き(第4)完結編 まで
   拝見、拝読させて戴きました。

   こころ躍らせながらでした。
   東への旅を恋願いながら、
   一抹の不安を消せない私でした。
         残り時間を問うて・・・・・

        ありがとうございました.。





 
2020年07月25日 (土) | Edit |
  
  
  怪我の痕も、治りきってはいない!!
  コロナの騒々しさも、未だ続く・・・が、
  やはり 旅に出よう。 東へ向って

               八十八歳の覚悟。






2020年07月24日 (金) | Edit |
 
  このお休みを,
   いかがお過ごしになられてでしょうと
  想いおります。
  楽しい旅の記を 拝見させて戴ける
  事にと・・・控えさせていただいています。
 
  明日は土曜日。
  いつもの可愛いリュックサックを手に
          悲願の叶う事を夢見ます。
   
  体調をくずしてです。年齢ゆえでしょうねっ。






2020年07月24日 (金) | Edit |

  
  立派な桃が二つ、肩を並べて
  私の目覚めを待っていた。

  大きな桃!!。 
  その昔むかし、わが家の庭に
  2本の桃の木が植わっていた。
  時期時には、私は大忙しだったっけ。
  あちらこちらに送り届けて・・・・・・・



  
  


2020年07月23日 (木) | Edit |

  

  早朝と言う雰囲気に包まれた車がすでに
  何台も走り過ぎる。
  
  嗚呼、そうか。 世間と言うんだよねっ。

  顔の傷が、目立たなくなったようなので
  家政婦さん派遣の事業所を訪れてみた。
  年齢を告げると、 
  国の制度の、介護保険に入っているはず
  そちらを使いましょうとなる。

  出来ない相談となってしまった。





           
2020年07月21日 (火) | Edit |

  
  老いぬるや!   哀しかりき
 
     佳いお日和の朝を、迎えながら


   「 命短し恋せよ乙女 」 と、
         唄った日も、ありきを・・・・・


       出かけなくちゃ 出かけなくちゃあ
  




  
2020年07月18日 (土) | Edit |


   
   椅子の上に立ち 鴨居に手を伸ばした
   途端に転がり落ちた。
   二度目だった。老いた分だろう・・・・・
   かなりな怪我に見えるらしくて、周りが
   喧しい。 が、半日も経ると外出。
   約束の時間があったのを果たしたくて。

   大阪行きのバスが、1日に何便も出ている。
   この便を利用して、東へ向かいたきかなと
   思ってもいる。
   懐かしい彼方の「まち」・・・・・・・







   
2020年07月18日 (土) | Edit |

  お変わりなくでしょうか・・・・・
  案じています。 少しですが?
  
  私は、すっかり駄目婆さんと
  相成りました。
  物忘れ外来を訪ねなくちゃあです。

  一度、お会い致したく思い居ります。





  
2020年07月13日 (月) | Edit |

  「 戦争を知らない 子供たちさ 」 

    テレビから流れてきた歌 ;
    手仕事を止め耳を傾ける。
 
    私が小学校二年生の時
    「大東亜戦争」なるものが起こり
    そして六年生の夏、敗戦の声を聞く。

    
   近年。倒れ逝く同志の多々にして・・・・・


 

    

   
2020年07月11日 (土) | Edit |

  
  午前中に、ひなおりましたので
  待ってもみましたが・・・残念ながら。

  やっぱり、遠いお方様です。
  この件が片付き次第、旅に出ます
  足の向くままに 野面の風になって・・・・・




  

  
2020年07月11日 (土) | Edit |
  
   こちらは、一歩踏みだせばですが、
   訪ねて来てくださるお方には、「大変だあ」と
   想いおります。

    ご都合の宜しい日を、指定下さればとも
      思いますが・・・・・・いかがでしょう







2020年07月09日 (木) | Edit |
  
   
   買って来た新しいレインコートを
   身に付けて、
   右に左にポ―ズをとる 「わたくし」

           たのしい時間・・・・・・・





  
2020年07月08日 (水) | Edit |

    別れの朝ふたりは
    さめた紅茶のみほし
    さようならのくちづけ
    わらいながら交わした
  
    別れの朝ふたりは
    白いドアを開いて
    駅につづく小径を
    何も言わず歩いた

    言わないでなぐさめは
    涙をさそうから
    触れないでこの指に
    心が乱れるから

    やがて汽車は出てゆき
    一人残る私は
    ちぎれるほど手をふる
    あなたの目を見ていた





 
2020年07月06日 (月) | Edit |
 
   
   数々のパン屋さん

   追っかけの旅に 出かけたくなっております。
   きっと、命を賭けた旅に?(老いました)

           それを 佳しとせむですよ・・・・・






2020年07月04日 (土) | Edit |
  

  
   「 心を通わせる 」 ことができる。
   珠玉の幸だと思う。

   夕方の6時・・・から7時までわが家の前で
   リュックサックを背負って立ちました。
   
   優しい風さんが、頬を撫でて過ぎたよう~







   
2020年07月03日 (金) | Edit |

  

   港がみえる
   メリケン波止場の 灯が見える・・・・・


   朝、6時、窓のカーテンを開く。
   
   不意に口をついて、「遠い日の歌」・・・・・