fc2ブログ
2021年07月31日 (土) | Edit |





      それで、 真っ赤なパソコンに買換えてみました


      ところが,  赤って余計に寂しいのよねえ^~













スポンサーサイト



2021年07月29日 (木) | Edit |



    とても大きな月だから
    海の魚ははねられない
    青い光のものかげで
    ハゼとコガニがじゃんけんぽん
 
    とても大きな月だから
    海の水夫は
    ねられない
    遠い港で聞いたうた
    想い出してはうたってる

    とても大きな月だから
    山の小鳥はねられない
    小鳩が三羽巣の中で
    目ばかりパチクリさせている

    とても大きな月だから
    お部屋のぼうやはねられない
    ひとりぼっちで床の中
    お人形さんと話してる







2021年07月27日 (火) | Edit |
   






    何時ともわかぬ わが庭に
    
    独りよ  立ちておりにけり








2021年07月08日 (木) | Edit |
  


   遊びにゆきたし 傘は無し
   紅緒のかっこの 緒も切れた
   
   いやでもお家で 遊びましょう
   千代紙おりましょ たたみましょう

   雨が降ります・・・雨が降る・・・・・・






 
2021年07月07日 (水) | Edit |


  
    つらい恋なら ネオンの海へ
    捨ててきたのに 忘れてきたに
    バック・ミラーに あの娘の顔が
    浮かぶ夜霧の  ああ第二国道

    花の唇 涙の瞳
    想い出さすな 帰らぬ夢を
    ヘッド・ライトの 光の中に
    つづくはてない  ああ第二国道


    闇を見つめて ハンドル切れば
    サイン・ボードの 灯りも暗い
    泣かぬつもりの 男の胸を
    濡らす夜霧の  ああ第二国道








2021年07月03日 (土) | Edit |

  鳩がとびたつ公園の
  銀杏は手品師 老いたピエロ
  薄れ日に微笑みながら 季節の歌を
  ラララン ラララン ラララン
  唄っているよ
  貸してあげよか アコーディオン
  銀杏は手品師 老いたピエロ

  雲が流れる公園の
  銀杏は手品師 老いたピエロ
  口上はいわないけれど なれた手つきで
  ラララン ラララン ラララン
  カードを撒くよ
  秋がゆくんだ 冬がくる
  銀杏は手品師  老いたピエロ

  風が冷たい公園の
  銀杏は手品師  老いたピエロ
  何もかも聞いていながら 知らん顔して
  ラララン ラララン ラララン
  すましているよ
  呼んでおくれよ   幸あせを
  銀杏は手品師   老いたピエロ








2021年07月01日 (木) | Edit |
  


「 ああ~ ワンちゃんだ! 」
        大好きな ワンちゃん

   
   だけど どうしたの? このお顔は.
  
   「イヤ」 だなあ~。 
   お口を への字に、横目でこちらを視るのはネ~

   これも  ご愛嬌のうちと申されますか

   そうねえ~ 佳しといたしましょうか。


   足腰が、なんだか以前に戻っているのを
   感じている。

   「旅往けば」と、唄いたいね・・・・・・・



          きっと、歌える日が来ると予感がある